戻る

  屋根の話

屋根の管理はハウスケアーのキーポイントです。2階建ての家の場合は、2階の窓から下屋 を観察するだけで、全体のおおよその見当がつきます。
瓦やカラーベストが割れていたら、
門田建設にご相談下さい。
各種屋根の種類別にポイントを上げて見ましょう!


        瓦屋根の場合          

瓦のめんどしっくいが傷んでいませんか?しっくい工事は早めにしておいた方が簡単で安く上がります。
めんどは棟や谷の両側にしてありますので、実際の長さは2倍になります。 
めんどが傷んだ状態
ちょっとした修理で直ります
こんな状態になっていたら葺き替えが必要です

             
カラーベストの場合
築10年を過ぎたらペイントしましょう。白っぽくなってきたら要注意です。
門田建設では、ペイントの前に水の高圧噴射でほこりやカビを洗い流してからカラーベスト専用塗装剤を塗ります。
                
こんな風に白っぽくなっていませんか 塗装材を塗ると新築の時の様に蘇ります
ここまでひどくなっていたら葺き替えが必要です 下地から葺き替えました

        トタン瓦棒屋根の場合

錆色の筋が目立ったり、釘がゆるんでいませんか?
金属屋根も塗装面の管理かポイントです。
      
         

                       

これは私どもの会社の職人が現場で実際に目撃した話です。

工事をさせていただいていたお宅の隣の家に『屋根の点検をしてあげましょう!』と3人組の業者がやって来ました。
早速 屋根に登って、カメラを持ってあちこち点検していました。
そしてなんと!何ともなっていない瓦をわざわざずらして、写真を撮っていました。
その後、下におりてからその写真を見せて『こんなひどい状態です。』と説明していたそうです。
皆さん、ご注意下さい。


あらゆるタイプの屋根のご相談をうけたまわります。
ちの屋根は「ちょっと心配……」という時は、
まずは
門田建設にご相談下さい。  お見積りは無料です

                              


戻る