外壁の話

家には木造・鉄骨造・鉄筋コンクリート造などがあり、それぞれ外壁にも種類があります。
 木造の場合は一般的なのがモルタル壁です。その他サイディング・板張りトタン張りなどがあります。
 鉄骨造の場合は木造と同じくモルタル壁・サイディングなどがありますが最近ではALC壁がポピュラーです
 鉄筋コンクリート造の場合はコンクリートそのままの打ちっぱなしや吹付け塗装仕上げ・タイル張りなどがあります。
   時には外壁が原因で雨漏りしていることもありますので、それぞれの特徴・修理のポイント等をあげてみます。


              モルタル壁の場合

外壁にひび割れが見られる
手で触ると白い粉がつく

こんな場合は外壁の塗り替えが必要です。門田建設では塗装前にはクラック補修やはがれの補修を重点的に行っています。
下地の出来具合が塗装の寿命を左右します。


              ALC壁・サイディングの場合

シーリング目地が切れている
ALCやサイディングが割れている
こんな場合は雨漏りに発展する恐れがあります。
シーリング工事をしっかり行った上で、吹付けや塗装をしましょう。

              コンクリート壁の場合


外壁や窓出入口などの開口部付近にクラックがみられる 
    
んな場合は雨漏りに発展することがあります。クラックの大きさによって適切な処理を行います。
その後で吹付けや塗装を施します。

ポイント
外壁の塗り替えは家のイメージを大きく変える事が出来ます。しかし塗替えをする前に家全体のチェックを入念にする事が大切です。 外壁がきれいになると、その他のところも意外と目立ってくるものです。最初から計画的な工事をする事が失敗のないリフォーム工事といえるでしょう。
門田建設ではあらゆるタイプの外壁のご相談を受けたまわっております。無料でお見積りいたします。


戻る