介護保険を利用したリフォームの話

                           介護保険と使った住宅改修施工例はこちらをご覧ください

平成12年4月から介護保険制度が施行されました。
これは、超高齢社会に備え、介護を必要とする高齢者を国民全体で支えていこうとする姿勢の表れです。
その重要な課題の一つに、生活拠点としての住宅の問題があります。
住宅という視点から高齢者の生活環境を考えてみましょう。
高齢になると自宅で過ごす時間が長くなり、住宅が生活の中心の場所となります。そして、身体機能における変化が大きいほど、住環境の良否が高齢者の生活動作の幅を大きく左右することになります。
健康で若いときには気にならなかった住宅の作り、とりわけちょっとした段差、廊下や階段の足元の暗がり、浴室やトイレ、水回りなどの設備機器の高さや設置具合など不都合に感じられてきます。
こうした住宅構造上の問題点をバリア(障害)といい、これらのバリアを取り除こうというのがバリアフリーの考え方です。
   
介護保険サービスの利用方法を簡単に説明します。
@介護サービスを受けようとする人は市町村に要介護認定を申請します。市町村は介護認定審査会で審査・判断を行います。
A認定結果により、要介護度が区分され介護保険から受けられるサービス量が決まります。
Bケアーマネージャーによりケアプランが作成されます。
C介護サービス計画に基づき、各サービス事業者がサービスを提供します。利用者は原則として費用の割を負担します。
詳しい事項は各市町村までお問合せ下さい。
門田建設では、介護保険を利用した住宅リフォームの豊富な施工例がございます。
サービスを受けるご本人をはじめとして御家族・ケアマネージャーとの話し合いの段階から施工、申請書類まで責任を持って担当させていただきます。施工例をご覧下さい!
ポイント手すりなどは取り付ける位置がだいたい決まっています。しかし門田建設では、使われるご本人に実際立ち会ってもらって一番使いやすい位置を決めています。トイレには立ち座りがしやすいようにL型の手すりを付けました。浴室には入口にL型、浴槽側に横型の手すりを付けました。廊下には木製の手すりを付けました。
ポイント階段に階段昇降機を取り付けました。浴室には入口・洗い場・浴槽それぞれに手すりを付けました。玄関の上がりかまちに踏み台と横手すりを付けました。
ポイント以前のトイレ(左写真)は少し狭いので介護しずらかったため、入口の位置を変えました(右写真)。これで介護者が入っても、身動きがとりやすくなりました。入口のドアは引き戸に替えました。
それぞれの人にとって身体に無理のない、安全で快適な住宅を作るために門田建設では最大限のお手伝いをいたします。住環境福祉コーディネーター(2級)の有資格者がお手伝いいたします。手すり一つの事からでも安心してご相談下さい。

戻る