Aバルコニーを支えている梁の木に力がな く  腐っている様子です。このままではバルコニーが潰れて落下する危険性があります。

木造のバルコニーが危ない!オーバーホールしました

@木造家屋のバルコニーに取り付けた電気配線の金具がゆるんでいるという事で原因を調べました。
 

B2階屋根樋からの雨水もいったんバルコニー上で流してしるので、バルコニーの排水溝付近がなかなか乾かない状況です。

Cバルコニーの床コンクリートをはがしてみる と下地の防水層にひび割れがあり、バルコニ ーを支えている骨組に雨水が浸透し、腐って ボロボロでした。使える部分を残して骨組を  作り直すことにしました。

Dバルコニーの荷重を支える梁の先端も一部 腐っていましたので、そこも切り取ってしまい ます。

E骨組の上にFRP防水を施し、2階屋根の樋も 直接1階に流し、アルミの手すりを取り付け、  仕上げました。施主様が年配で洗濯物は1階 に干されますし、たまに布団を干す程度にしか バルコニーはお使いにならないので、費用の  事も考慮して今回バルコニーの屋根の取り付 けは省きました。

戻る

戻る