マンションの全面リフォーム施工例(リノベーション)

今回は大阪市内の鉄筋コンクリート造のマンションの一室全面リフォームです。
老後の生活を見据えて、室内をバリアフリー化し、車椅子でも使いやすくする為に全ての建具を引戸にしました。

◇…工事中

◇…完成
@部屋ごとに違う床の段差をなくし、バリアフリーにしたい。 

A南北に風の道を作って、自然の風を入れたい。夏は涼しく、冬は暖かい家にして欲しい。

B来客があった時に、他の部屋を通らないで案内出来るようにしたい。という事でした。

建物を縦に共同の配水管が通っていて、これは動かせません。
それに通じる枝管も高さが決まっているので、先ずはトイレの高さを決めました。それを基準にして、その他の部屋の高さを合わせました。

北側の洋室の窓から和室の掃き出しまでは、ガラスの間仕切りを開けると1本の風の道になるようにしました。
玄関から真っ直ぐに廊下を配し、各部屋はこれによって出入り出来る様になりました。

◇…施主様のご要望

元の床・天井・壁を全て取り払いました 基準高さを決めて床の下地を作っていきます 床下地が出来ると間仕切り壁の下地を作ります 間仕切りが出来て建具が付きました 大きなガラスの間仕切りとキッチンも座りました
before after
北側の洋室は窓が小さく寒いのでほとんど物置状態でした 間仕切りのガラス戸は冬は閉め切って北の明りを取り込む事が出来ます。夏は開けて涼しい風を入れる事が出来ます
つきあたりのクローゼットと壁は取り払います 壁を取ると南のおおきな開口から光と風が入り込みます。ちなみに床には床暖房が入っています。窓サッシのガラスは全て断熱性にすぐれたペアガラスに交換しました。
和室から北を望んでいます。LDKの突き当たりの壁を取り払います。 手前の和室は右に50cm程広くなりました。ガラス間仕切りに隠れた所がキッチンです。それにしても想像以上にさわやかな開放感あふれる部屋になりました。
台所には特に不満はありませんでした。大きさは変わりませんが、設置場所を変更します。 対面式も考えましたが、方向が変わり風の道の邪魔になるので普通のI型にしました。電動昇降式の吊戸棚とIH式コンロを採用しました。左端に写っているのは家電収納棚です。一番下は分別用のゴミ箱です。
この和室はお気に入りのスペースなので、変更はしません。 客間としても使うので、左の壁を左へ押して今までより若干広くしました。畳の下には床暖房が入っています。寒いときには何ともいえない暖かさです。
寝室に使っている和室です。LDKを通して玄関が見えます。 反対側の和室を広く取ったので少し狭くなりましたが、寝室として使うには十分な広さで居心地の良い空間になりました。
今回はユニットバスも取り替えます 浴槽が大きくなり手すりも付きました
共同の配水管がトイレの後ろにあり、これは移動出来ないのでトイレの位置は変えません。 一段上がっていたトイレの床がバリアフリーになりました。将来車椅子を使用する事も考慮して、開口の大きな引戸にしました。
住居の中心にLDKがありました。床にはコンクリートにじゅうたん敷きの為、足が冷えて困っていました。 元LDK奥のキッチンの場所はウォークインクローゼットになりました。タンスを2棹納めました。奥のハンガーにはたくさんの衣装を吊るして収納することが出来、洋服選びも楽になりました。
廊下から玄関を見たところです。下駄箱がスペースを占領していました。 下駄箱は左の壁に埋め込まれ、玄関が広くなりました。
玄関を入って奥の和室に行くには、台所の見えるLDKを通らないと行けません。全ての床の高さが違います。 他の部屋を通ることなく各部屋に行けます。右上の窓から自然光が入り、玄関が明るくなりました。廊下のダウンライトは正面の人感センサーでオンオフします。また、今回全ての建具を引戸にしました。長い廊下にはてすりを付けました。

戻る

◇・・・施工前

◇・・・施工後

バルコニ│

和室

和室

LDK

洋室

トイレ

玄関

浴室

洗面

物入れ

押入れ

バルコニ│

寝室

和室

LDK

洋室

クローゼット

トイレ

玄関

浴室

洗面