風呂・玄関ドア・外構のリフォーム工事  門田建設施工例
劣化部分を重点的にリフォームした例です。


 玄関のドア枠の下の方が腐っているので見てほしいというご要望でした。          実際に下見に行くとシロアリに犯されたものであることが判明。
蟻の原因は湿気の多いモルタルの中に虫害に強くない集成材の柱を埋めてあった為でした。
◇…施主様のご要望
◇…施工前
@ A B C
築15年と比較的新しいお住いのリフォームです。 ドアの枠は一見するとちょっとした劣化でしたが、皮を剥いでみると片手がすっぽり入るほどシロアリに犯されていました。 玄関と柱を共有する浴室。シロアリの害が及んでいるのを恐れてタイルを剥がします。 施主様のご要望で浴室に加え洗面所も一緒にリフォームすることに決定。
◇…施工後
@ A B
ドアのまわりの構造材はシロアリの食害にも強い桧に変更。防蟻材をしっかり塗布した上で湿気に晒されないように工夫しました。 構造材の取替ついでにドアも新しく交換しました。セキュリティ度もアップしました。 道路近くに位置する窓は開けた時にも中が覗かれにくいジャロジーに変更。システムバスは冬も暖かく快適です。 浴室暖房乾燥機や新しいプッシュ式の水栓を装備。出入口は間口の広い引戸を採用。
C
床は水に強いフロア材。洗濯機まわりの水漏れに備えて洗濯パンを設置。 洗面化粧台も幅の広い物に交換。三面鏡の裏は全て収納スペースです。
◇…工事の様子
内側全てを取り去ります。給水、給湯、排水の取りまわしを変えます。
浴室と洗面所の取り合いの土台は腐ってしまってほとんどありませんでした。
◇…外構工事
施工前
外まわりの塀が汚れているので何とかしたいとご要望がありました。 笠木の防水が切れ、両面共に吹き付けがしてあり、入った水の出口がない為、ところどころ塗装にふくれが出て剥離している所が見られます。 ブロック下地に左官仕上げ、その上に吹き付けと手の込んだ塀です。
施工後
剥離した部分をケレンし、再度塗装する事を考えました。しかし時間が経過するとまた同じように剥離する恐れがあるので、全部撤去してリブブロックで積み直す事にしました。 高価なアルミ鋳物の飾りは丁寧に取って再使用しました。今度は簡単な構造なので塗装の剥離の心配もありません。費用的にも手間を掛けてケレン再塗装するのと大差なく仕上がりました。

戻る